美肌になるには洗顔が大事!あなたの洗顔方法を教えます。

ハンドメイドソープでマーブル模様 美容コラム

毎日のスキンケアと言えば、まず“洗顔”だと思います。
いつもの洗顔料はどんなものを使用していますか?また洗顔方法は間違っていませんか?
洗顔は自分の『肌質』に合わせて選ぶことが大事。洗顔の方法次第で美肌が作られるのであれば、ぜひ実践してみたいですよね。まずは基本の洗顔をお教え致します。

なぜ、洗顔をするの?

オリーブオイル石鹸で洗う1日中に空気に触れていた肌には、ほこりやチリが付着し、汗や皮脂が分泌しているので洗って清潔にする必要があります。
洗顔をせずにそのまま放っておくと、毛穴の汚れやくすみ、色素沈着など肌のさまざまなトラブルになりますので、1日2回!朝と晩に洗顔を行い、肌の汚れをきちんと落としましょう。(*メイクをしていた日は夜にクレンジングしてからの洗顔になります。)

洗顔料の選び方は自分の肌質と配合されているものをチェック!

固形石鹸や洗顔フォームなどいろいろな洗顔商品がありますが、ここでは 洗顔料全般をお話します。

洗顔石鹸については、泡がもこもこしているほうがイメージもよく、肌の摩擦になりにくいことから、泡立ちのよさだけで選ぶものだと思い込んでいる人がいます。
しかし、泡立ちが良い洗顔料は脱脂力(皮脂をとる力)が強くなっている場合があります。皮脂をしっかり落としたい脂性肌の人にはよいですが、乾燥肌の人はむしろ泡立ちで選ぶのではなく、洗い上がりがしっとりするものを選びましょう。
また泡立ちが悪くても泡立てネットを活用すれば、しっかり泡立てることができます。泡を細かくすることでお肌をやさしく洗うことができます。
泡立ちの良さだけで洗顔石鹸を選ぶのではなく、肌の状態や配合されている油分や保湿剤も合わせてチェックしましょう。

check!これが勘違いしがちな洗顔方法!

【間違い!】固形せっけんが肌に1番やさしい

石鹸は界面活性剤の一種であり、むしろ洗浄力が高いものが多いです。ですから固形石鹸が肌に1番やさしいという解釈は正解ではありません。配合されている成分によって左右されるということです。(良質なオイル+苛性ソーダ+水分というシンプルなせっけんは別物で肌にやさしいです。せっけんは奥が深いです・・・)

【間違い!】ぬるま湯&水洗顔でも皮脂や汗の汚れは落ちる

ぬるま湯や水だけの洗顔だけでも汗やほこりはとれますが、皮脂汚れが残りやすくなります。皮脂が残っているとニキビや肌老化の原因になり、洗顔後につけるスキンケアアイテムの浸透も悪くなります。皮脂が多い方は朝も洗顔料を使いましょう。

(*30代後半~を超えると朝の洗顔はぬるま湯や水洗顔を推奨している化粧品メーカーもありますが、就寝中には皮脂分泌され、鼻まわりやおでこなどのTゾーンがベタついたりする人は、皮脂をとりすぎない洗顔料を使っての朝洗顔をおすすめします。)

【間違い!】汚れがよく落ちるように、熱いお湯で洗顔している

汚れを落とすために熱いお湯で洗顔したり、お風呂の中で身体を洗うときに顔も一緒にシワーで洗っている人はいませんか?
入浴時に使う温度40℃前後のお湯で顔を洗うと、肌に必要なうるおい成分を洗い流してしまします。少し冷たく感じるくらいのぬるま湯(32~34℃)で洗うようにしましょう。

【間違い!】汚れが気になるところは、しっかりこすって洗う

洗顔は泡で洗うのが基本です。汚れが気なるところがあってもしつこく擦るのではなく、泡を転がすようにクルクルとやさしく洗いましょう。
特にいちご鼻などで悩んでいる人は、鼻まわりをゴシゴシと洗ってしまうことがあると思いますが、泡をクッションのように、やさしくなでるように洗うことが肌を刺激せず改善できます。

肌質に合う洗顔料を選ぼう!

肌質によって配合されている洗顔料の成分を見分けていきましょう!
自分の肌に合わせた洗顔料を選ぶことで肌への負担もなくなり、正常化したターンオーバーへとつながり美肌へと導きます。

乾燥肌(カサついて、荒れやすい)

油分&保湿剤が多く配合されているしっとりする洗顔料を選ぶ。
(油分であるワセリン、ビーズワックス、セラミド配合の洗顔料がおすすめ)

脂性肌(うるおいではなくベタついている)

泡立ちが良く、洗浄力の高いさっぱりする洗顔料を選ぶ。
(酵素やグリチルリチン酸2Kが入っている洗顔料がおすすめ。)

混合肌(脂っぽいのにかさつく)

Tゾーンがベタついて、頬がカサつく人には適度な洗浄力がある洗顔を選んで下さい。
(弱酸性のやさしい洗顔料がおすすめ。)朝の洗顔にはTゾーンのみ泡をのせてなじませて、すすぐ時に頬やあごにも泡をなじませて洗い流す部分洗いもおすすめ!

敏感肌(赤ら顔、刺激に弱く、不安定)

肌にやさしい成分で洗浄力の弱い洗顔料で洗う。もしくはぬるま湯・水洗顔でOK
(無添加、防腐剤、酸化防止剤の入っていないパラベンフリーの洗顔料が良い)

40歳敏感肌(ゆらぎ肌)、私の洗顔方法

オーガニック石鹸・ナーブルスソープ季節の変わり目などに急に肌に痒みや発疹などが起こる敏感肌(ゆらぎ肌)の私が今現在使っている肌にやさしい洗顔料をご紹介します。

肌に違和感があり敏感になってる時はぬるま湯で済ましてしまうこともありますが、基本はオリーブオイルベースである固形せっけん『ナーブルスソープ』を泡立てネットでふんわりと泡を作り洗顔します。
泡はふんわりと顔に乗せるだけ!ゴシゴシせずに撫でる感じで洗い流します。寝ている時に分泌された余分な皮脂をやさしく取ります。

ほぼ毎日メイクをしているのですが、使っている化粧品(ファンデーション、チーク、リップなど)はせっけんで落とせるので、ナーブルスソープの固形せっけんのみ使用!
まずはぬるま湯で洗顔することで、チリやほこりなどは落ちます。そのあとナーブルスソープでやさしく洗って終了!大丈夫です、きちんとメイクは落ちています。
→ナーブルスソープを詳しく書いた記事があるのでどうぞ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
基本の洗顔方法をご紹介しました!間違った洗顔方法は、肌を綺麗にするどころか、悪影響を与える可能性もあります。
なんだか肌の調子が悪いな~・・・と思ったら今一度、行っている洗顔方法や洗顔料を見直してみるのもいいと思います。
また季節の変わり目には肌質が変わることもありますので、自分の肌質を見極めることも大事です。時間がある時に化粧品カウンセラーの美容部員に肌質をみてもらうこともおすすめ!自分の肌質を見分け、その洗顔方法で美肌を目指していきましょう。

コメント