ヒルドイドの効能は?子供から大人まで使える優秀な保湿&エイジングケア

ヒルドイドはアトピー肌にもおすすめ アンチエイジング

『ヒルドイド』という外用薬はご存じでしょうか。
外用薬(皮膚の表面や粘膜などに適用する薬)として皮膚科や小児科で処方されることが多く、乾燥肌やアトピー性皮膚炎、皮脂欠乏症などによる乾燥を防ぐための保湿剤になります。
ヒルドイドの最大の特徴は乾燥肌を改善する成分として「ヘパリン類似物質」が配合されていることです!ヒルドイドとはどんなものなのか、詳しくご紹介していきます。

ヒルドイドの主成分である『ヘパリン類似物質』とは?

ヘパリン類似物質とは1900年代から約50年以上も皮膚疾患の治療薬として配合されている成分になります。

血行促進作用

患部の血液凝固を抑えて血行を良くする

水分保持作用

肌の角質を柔らかくし、角質内の水分を保持する

抗炎症作用

肌の炎症時に増える酵素を抑制し、炎症を鎮める

もともと私達の体内には「へパリン」という物質が存在していて、「保湿」「血行促進」「抗炎症作用」の3つの働きがあり、自ら乾燥から守る優れた効果があります。
そのヘパリンの作用に着目して、人為的に作り出された薬がヒルドイド成分の“ヘパリン類似物質”ということになるのです。

『ヘパリン類似物質』は肌の奥まで浸透する!!

ヒルドイドの主成分であるヘパリン類似物質は皮膚の奥にある基底層までいき届くので、「保湿」「血行促進」「抗炎症作用」という3つの働きが肌の内側から新陳代謝を促します。
ヘパリン類似物質は化粧品などの一時的な保湿とは違い、乾燥肌の根本的な解決に繋がる成分だということが分かります。

ヒルドイドをさらに知ってみましょう!

ヒルドイドは大阪北区中津1-5-22にある「マルホ株式会社」という名前の会社が製造販売元になります。
ヒルドイドの種類は、ローション・ソフト軟膏・クリーム・ゲルと4タイプあり、全てにヘパリン類似物質が0.3%入っている血行促進・皮膚保湿剤です。

使用上の注意

目、粘膜には使用しないこと。小児の手の届かないところに保管。

保管方法

温室保存。

使用期限

製造番号が必ず記してあり、使用期限も記載されています。
(*処方された時にヒルドイドをみると約3年後の使用期限が記載されていました。)

ヒルドイドを実際に使ってみた!

実は私のこどもが乾燥肌でひじやひざ裏、脇腹など、皮膚の薄いところがいつもプツプツと肌あれし、身体全体的にもザラザラした感じ・・・。幼い頃から小児科で処方されているのはヒルドイドローションとヒルドイドソフト軟膏になります。
2タイプのみですが使っている感想をご紹介します!

ヒルドイドローション

・色:白
・香り:なし
・質:乳液のようなとろみ

ヒルドイドローションの方は乳液のようなサラサラなテクスチャーなので両手になじませやすく、身体全体を保湿するときに塗りやすさは抜群!肌への浸透も早いので極度の乾燥肌でなければヒルドイドローションで十分保湿することができます。

ヒルドイドソフト軟膏

ヒルドイドはアトピー肌にもおすすめ

・色:白
・香り:なし
・質:こっくりした重みのあるクリーム

ヒルドイドの成分ひじの内側や膝の裏側など、皮膚が薄いところの乾燥はテクスチャーがこってりとした重めのヒルドイドソフト軟膏を使用しています。ヒルドイドローション塗った後、特に乾燥が気になる部分にはヒルドイドソフト軟膏を重ね塗りすることで肌がしっとりとうるおいます。

ヒルドイドに共通していることは香りがなく乾燥肌・敏感肌にとっては香料の刺激にならず安心して使うことができます。
これは大人でも同じことで、ローションで肌を潤してクリームでさらに保湿させることで、乾燥を防ぎ肌のキメを整えシワやたるみなどを軽減させることができます。

ヒルドイドは究極のアンチエイジングクリーム?

美容マニアが愛用するアンチエイジングクリーム高い保湿力をもつヒルドイドは、美容部員、美容家の間で『敏感肌の人でも安心して保湿できる高級美容クリーム!』とささやかれ一気に噂は広まり、しわ、たるみ、くすみ、毛穴の収縮などアンチエイジング効果が期待できるとSNSやメディアで取り上げられました。

ヒルドイドを使ってみた結果保湿力が高いことで乾燥によるシワを防ぎ、肌の奥である基底層までいき届くので正常に肌の生まれ変わり(=ターンオーバー)を促し、細胞が新しくなって肌が活性化するということになります。私は目元に重ね塗りをして、しわ予防を心がけています。

ヒルドイドには副作用があるの?

口コミなどをいろいろと探してみましたが、副作用はほとんどないということ!実際使っているこども達にも異常はなく、肌が常に潤いカサカサの改善ができています。
過去の事例を探しましたが見つかりませんでした。注意するところは、血行促進するので傷口には絶対に使用しないで下さい。もちろん、目の中や口の中も使用できません。

ヒルドイドはどうやって手に入れる?

私はこどもが肌疾患なので、皮膚科で貰っています。(自分も敏感肌なので季節の変わり目に肌荒れするので、処方してもらう時もあります。)
では、こどもがいない・・・大人の女性がヒルドイドを手に入れるのは、どうすればいいのでしょうか。
皮膚科で高い割合で処方されるヒルドイドは外用品なので保険適応され、さらにはジュネリック薬品でもあるので200~400円という安価で購入することができます。
保湿力に優れていて、ほとんど副作用がなく安全に使え、アンチエイジングも期待できるヒルドイドがワンコイン以下で手に入るなんてコスパが高いですよね。

ただし、とくに肌疾患がない人が皮膚科で処方してくれることはないのでご注意下さい。
どうしてもヒルドイドを試したい!という方は、ヘパリン類似物質が配合されている保湿剤がドラッグストアに意外とたくさんありますので探してみて下さい。

まとめ

ヒルドイドについて解説してみましたがいかがでしたでしょうか。
単なる保湿剤ではなく、大人の女性にも嬉しいアンチエイジング効果もあるヒルドイド。手にした方はぜひヒルドイドで乾燥のないうるおった肌になって下さいね。

コメント