乾燥肌に朗報!実は簡単に潤い肌になるスキンケア方法

セラミド入りのコスメはヒフミド 肌の悩み

こんにちは、アラフォーだけどいつまでも美しい女性でいたい!と思っている美容マニアのmicco(みっこ)です。
ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

今日は、乾燥肌で悩んでいる人にお薦めのスキンケア方法をご紹介したいと思います。

・おでこや鼻、頬など顔全体がテカる脂性肌
・おでこや鼻はテカるのに、頬はカサカサな混合肌
・顔全体がカサカサな乾燥肌(頬にはハタケができちゃう人・・・)

人によって色々な肌質があるのですが、季節が変ったりして気温の変化や紫外線、または室内のエアコンによる刺激で誰もが『乾燥肌』になる可能性があります。

乾燥肌になる原因はズバリ!肌内部の『水分量』。

間違ってスキンケアする事で、さらに乾燥肌が加速する可能性がありますので、そんな乾燥肌の悩みを取りのぞく為のスキンケア方法をご紹介!

なぜ、乾燥肌になるの?原因に迫ります!

なぜ乾燥肌になってしまうのでしょうか?

乾燥肌は、肌内部の水分量が不足し、皮脂量も少ない状態です!
肌の内部の皮脂量と水分量のバランスが崩れる事により、皮膚を守る表面バリアがはがれてしまい、キメが乱れてしまうことです。
キメがはがれて乱れている箇所から、肌に保たれていた水分が蒸発し乾燥肌になってしますのです。

外部刺激による乾燥

紫外線は肌の細胞を破壊する力があり、さらに室内のエアコンなどの冷房や暖房でも空気を乾燥させ、肌の水分がドンドン蒸発し乾燥をさせます。

日常生活でも影響します!

睡眠不足ではないですか?また食事はバランスよく摂っていますか?日々の生活習慣からも肌の影響は受けます。
野菜やお肉などのバランスの良い食事を心がけることと、1日7時間寝ることが美肌への1歩です。

乾燥肌にとって大事なスキンケア方法

朝晩、欠かさない毎日のスキンケア方法で乾燥肌は、きっと今より変化すると思います。なにごとも意識し継続することで乾燥肌の悩みは解消されますので、いよいよスキンケア方法に迫っていきましょう。

クレンジングで肌の汚れをやさしく取ろう

主に市場で販売されている化粧落とし(クレンジング)はオイル、ミルク、ジェルタイプの3つがあります。

メイクが落としやすいオイルタイプはメイクだけではなく、肌の水分や皮脂さえも落としてしまう刺激が強いタイプになりますので“ミルク”や“ジェル”タイプの洗浄力の優しいクレンジングにしましょう。

クレンジングミルク(やジェル)を手に取る量が大事なポイント。
少ない量では肌をこすってしまい摩擦で肌を傷めてしまいますので、化粧品に記載されている使用方法の適量を確認して手にとり、肌にスルスルとスムーズになじまることができる量がちょうど良いです。

メイクをなじませている指がスッと軽くなれば、メイクが落ちたサインなので、肌への刺激がないぬるま湯(30度が理想!)で優しくクレンジング剤を流します。

セラミド成分の化粧水で潤う肌へ

洗顔後は保湿成分が配合されている化粧水で肌に水分を補給します。
うるおいのある肌にする為、乾燥肌用スキンケア化粧品にほぼ配合されている“セラミド”が入っているものを選ぶといいです。

セラミド入りのコスメはヒフミド

乾燥肌にはセラミド配合の化粧水がおすすめ!
セラミドとは、角層の細胞感のすき間とすき間を埋めて満たしている細胞間皮質の主成分で、セラミドが少ないと肌の水分が失われやすく、潤いがなくなり肌が乾燥します。
積極的にセラミド成分が入っている化粧品を選ぶことをおすすめします。

化粧水は両手をこすり合わせ、肌にやさしくなじませましょう。
ゴシゴシ擦りつけたり、パシャパシャとたたくようにしては肌にダメージがあるので要注意です。

なじませ終わったら、両手で肌をゆっくりプッシュします。
ハンドプレスする事で化粧水の浸透をより深くします。

乳液・クリームを使って潤いをとじこめる

化粧水だけでは肌表面から水分が揮発しやすい為、
乳液かクリームで肌にふたをします。

乳液やクリームの油分が保湿を守る役割をしますのでスクワラン、ホホバ油、ワセリンなどの保湿効果の高い成分が配合されているものを選んで下さい。
カサつきが気になる頬や口元、目元には重ねつけもおすすめします。

本気で向き合う乾燥肌のスペシャルケアとは?

艶肌になるにはシートマスク

肌の乾燥・カサカサを劇的に解消する方法は、集中ケア商品やシートマスクを使い十分に潤いを得る事です。
美容成分がたっぷり含まれたシートマスクを週に1~2回のスペシャルケアとして使うのがおすすめ。

シートマスクの使用方法は?

化粧水で肌のキメを整えた後に、保湿成分がたっぷり配合されたシートマスクを肌にのせます。シートマスクでじっくりと保湿した後は、速やかに乳液か保湿で肌にふたをします。
これで水分を逃がす事なく潤いたっぷりの肌の出来上がりです!

【絶対ダメ!】シートマスクを使う時にやってはいけない事とは?

シートマスクを使用する場合の注意として顔に貼り付ける“目安時間”を守ること!

シートマスクを長い時間貼り付けているほど、『保湿できる!』と勘違いしている人がいますが、それは逆効果!!
長時間、シートマスクを肌にのせている事で、肌からシートマスクを通して揮発し乾燥してしまい、せっかくの美容成分が閉じ込めることができず意味がありませんのでご注意下さい。

おわりに

乾燥肌にならない、また予防する為に必要な事は“保湿”です。
肌構造が似てる“セラミド”が含まれた化粧水で肌に水分を補給して、乳液やクリームの油分で水分が逃げてしまわないようにふたをすることです。
外部刺激から肌を守る事や、ストレスのない日常生活を送る事を基本として、美容成分を見極めて、スキンケアを行う事でつっぱり感のないみずみずしい肌を目指しましょう!

年中乾燥肌に悩む女性に基本のスキンケアですので是非試してみて下さい。

コメント